Opera

Opera

OperaのTwitter

OperaのFacebook

Operaとは?

HOME  >  Operaとは?

Operaとは?

Operaは、「空間の再生」、「農と食」、「暮らしのツーリズム」をテーマに、日本各地のまちづくり活動を発信していくサイトです。古民家再生の様子や、地場産素材を利用した6次産業化への取組、地域の魅力に密着するローカルツーリズムの試みを紹介しています。

ABOUT&MESSAGE

このサイトの名前である”Opera”には、「地域の宝をもっと上手く使っていこう。」という意味を込めています。

「まちづくり」では、「課題を解決する」という視点から取り組みが始まることが一般的です。

マイナス地点から考えがスタートしてしまいます。

どうにかゼロに戻るための解決策を必死に生み出そうとするので、なんだか堅苦しい話になってしまいます。

しかし、空き家が存在することを「地域資産」と捉えた場合はどうでしょう。

「ここにレストランができるといいな。」

「お客さんにゆっくり泊まってもらえる宿はどうだろうか?」

など、自然とワクワクするアイデアが生まれてくるのです。

まちの皆がそんな風に考え始めたら、どれだけ素敵なことが起こるでしょうか?

また、古くから日本に息づき、綿々と伝えられてきた職人たちの知恵と業の数々。

それらが現代の日本において急速に忘れられつつあります。

私達にとってかけがえのない資産である職人たちの魂に光を当て、輝きを取り戻していきたい。

そんな想いから、私達はこの活動に「Opera」と名づけました。

いわゆる「古民家」と呼ばれる歴史的建造物を再生することで、

大工仕事、左官、茅葺き、などの職人業が継承される場が生まれていきます。

1軒、また1軒...と建物が息を吹き替えしていくことで、

もう一度「産業」としての職人業も蘇らせることができると確信しています。

さらに、古民家という「空間」を再生するだけでなく、

そこにあった「食文化」と「生活文化」を一緒に再生することで、

人の行き交いが生まれ、生業(なりわい)と暮らしの再生へと繋がっていくのです。

そこには、新たな輝きが生まれていきます。

私たちは、Operaを通じて、地域の宝にワクワクする人が増えていくことを願っています。

Opera

▶︎名前の由来 Operaという言葉は、「仕事」を表すラテン語の"opus"を語源としており、「仕事、業(わざ)、事業」という意味を持っています。

空間の再生(空き家活用)

古民家と言われる歴史的建造物には、農家、町家、庄屋、養蚕農家・・・など、用途や立地によって様々な種類が存在し、伝統工法が散りばめられた建物の造りには、地域性が色濃く反映されており、個性豊かなその土地の暮らしぶりが語られています。地域と建物の歴史を紐解きながら、その建物が一番輝いていた時代へと戻していくことを重視し、凛とした空気をまとわせるリノベーションが注目されています。

空間の再生

農と食(レシピ開発・スローフード)

人々の生活に欠かすことのできない「食」。その土地の風土を生かしつつ、先人たちの知恵と努力によって培われてきた食文化に光を当てていきます。季節ごとに味わい深い食材を創りだす農家の人々。素材の良さを最大限に活かし、ホンモノの料理を創りだす料理人たち。より多くの、より遠くの人々も地域の味を楽しめるよう工夫を重ねた加工品を生み出す人々。そして、それを口にする人々。「食」に関係するあらゆる人を繋ぎあわせる食文化のあり方が問われています。

農と食

暮らしのツーリズム(ツアー造成・伝統工芸)

「暮らし」の中にはさまざまな物語が存在します。なぜ、この道はこの形なのか?ここには何があったのか?誰がここを訪れたのか? 何の変哲もないように見える風景の中にも、思わず感嘆の声を上げたくなる場面が隠れています。都市部における現代的な暮らしの中では、気に留めもしなかった新しい発見をするたびに、その土地、その地域への愛着が不思議と湧いてくるものです。訪れる人の視点を変えていき、新たな関わりを創りだすツーリズムが生まれ始めています。

暮らしのツーリズム

ページ先頭へもどる